地域密着型の診療所・介護老人保健施設・通所リハビリ―飯能市東吾野医療介護センターです

医療法人靖和会 飯能市東吾野医療介護センター

TEL:042-978-2000 FAX:042-978-058
HOME   リクルート   リクルート   お問合せ   プライバシーポリシー
センター概要 診療所ご案内 ご入院 介護老人保健施設 通所リハビリテーション 人間ドッグ・健診 地域とのふれあい

センター長挨拶

センター長挨拶
センター長
谷水 長丸
 このたび、原田センター長の後を受け、4月1日より飯能市東吾野医療介護センター長に就任いたしました。
 昭和59年、埼玉医科大学医学部卒業後2年間の内科研修を終え同大第2外科入局。一年後に獨協医科大学越谷病院小児外科と麻酔科にそれぞれ1年ずつ出向し、帰局後は成人外科と小児外科に5年間従事。その後国立西埼玉中央病院外科に5年間医員として成人外科と小児外科を担当し、本格的に鏡視下手術を始めたのはこの頃でした。埼玉医科大学小児外科学講座の開設時に同講座に入局。講師、助教授を経て8年後に前職である防衛医科大学校第一外科講師、小児外科科長に就任。1年後准教授に昇進し9年半従事してまいりました。
 大学と公的病院だけの経験しかなく業務の約2/3は学生、研修医、専修医教育と研究に費やしており、主な研究テーマは鏡視下手術の術式と磁性体を用いた検査や手術の開発、癌の基礎研究が主なものでした。主な臨床テーマは小児の鏡視下手術と消化器内視鏡でした。臨床が好きなこともあり研究も臨床に直結したものがほとんどです。今後はこの配分は大きく変化しほとんどが臨床となることは望むところです。そもそも研修を内科で行ったのは将来内科医としてではなく専門性の高い外科に従事するためで、30数年前から現在も変わらないことですが専門性の高い外科医は専門外のことはほとんどわからないのが現状です。医療の進歩は早く特に内科で顕著で、これについていくには内科のそれぞれの科の基礎と考え方を習得しておけば最先端のことも理解しやすくなるだろうと考えたからです。これまで私は小児外科医として小児医療に携わってまいりました。これからは全く違う医療分野に従事することになりますが不安よりも新分野への期待感が大きくおそらくこれまでの経験がある程度活かせるのではないかとあまり根拠のない自信があるのが自分でも不思議です。
 既に原田センター長をはじめ東吾野のスタッフとは今後の運営や体制に関して何度か協議させていただいており、今後も東吾野地区の利用者にとってより良い施設となるよう尽力させて頂く所存です。施設をより良くするためには近隣地域の皆様のご協力、ご意見が不可欠となります。今後もこれまでと変わらぬご指導、ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。


▲ページの先頭へ戻る

運営方針

 山間地域の在宅医療を中心に、地域の人々が安心で快適に利用でき、地域のニーズに適した
医療・看護・介護・リハビリテーションを総合的に提供できる施設運営を目指しています。
▲ページの先頭へ戻る

センター概要

* 施設名 飯能市東吾野医療介護センター
* 住所 〒357-0204  埼玉県飯能市大字虎秀25-1
* TEL 042-978-2000
* FAX 042-978-0587
* 設立 平成22年4月 飯能市より指定管理
* 設置者 飯能市
* 責任者 センター長 谷水 長丸
* 業務内容 診療所
□外来(内科・外科・消化器内科・小児科・神経内科・小児外科・リハビリテーション科)
□入院
□訪問診療・往診
□人間ドック・健診
□特定健康診査
□外来送迎
介護老人保健施設
□入所(定員29名)
  介護保険指定番号-1152680045
□短期入所療養介護(ショートステイ)
  介護保険指定番号-1172600791
□通所リハビリテーション(定員20名)
  介護保険指定番号-1172600783
* 従業員数 70名 (平成29年4月1日現在)
▲ページの先頭へ戻る

地図

☆お車でお越しの方
  飯能市内から国道299号線を秩父方面へ

☆電車をご利用の方
  西武池袋線 東吾野駅より 徒歩5分

大きな地図で見る
印刷する
▲ページの先頭へ戻る

靖和会グループ

医療法人靖和会
  飯能靖和病院(飯能市)
  飯能市東吾野医療介護センター(飯能市)
  介護老人保健施設やまぶきの郷(坂戸市)
  介護老人保健施設小江戸の郷(川越市)